南鳩ヶ谷駅より徒歩4分
駐車場あり
ご予約・お問い合わせ
TEL:048-283-2111
お問い合わせはコチラから

南鳩ヶ谷で予防歯科・一般歯科・口腔外科の歯科(歯医者)をお探しなら、南鳩ヶ谷くらもち歯科医院。

予防歯科・一般歯科・小児歯科

南鳩ヶ谷駅より徒歩4分 駐車場あり 医院概略 詳しくはコチラ
Mobile Site
HOME»  予防歯科・一般歯科・小児歯科

予防歯科

皆様は治療が終わったあと、また虫歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?
予防歯科の重要性がお分かりの方でも、ご自分のお口のリスク(虫歯や歯周病のなりやすさ)を知らなければ、予防しようがありませんよね。
メンテナンスとは、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆様のお口のケアを行い、お口のリスクを「検査・管理・予防」することにより、治療終了後の病気の再発を予防していくことです。

予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。

そのため当院では治療終了後、3ヶ月ごとのメンテナンスをおすすめし、リスクの少ない方は間隔も少しずつ長くしながら、皆様のご負担が少なくなるように進めていきます。

フッ素塗布

生えたばかりの歯はエナメル質が柔らかく虫歯になりやすいです。
そこで、歯の表面にフッ素を塗布し虫歯になりにくくします。フッ素塗布することで、
エナメル質にフッ素が吸収され、結晶が強くなります。
1回のフッ素吸収量は微量ですので、継続して塗布する事が大切です。
フッ素洗口法も効果的です。

シーラント

シーラントとは、奥歯の噛みあわせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防する方法です。
その方法は非常にシンプルで、シーラントをする歯の溝をきれいにし、そこにレジンを貼り付けるのです。(レジンとは、軽い虫歯治療の時につめる白いもの)
奥歯など歯磨き時にブラシが届きにくい場所に有効です。
実際に行う際には、本来のかみ合わせをずらすことになるので、かみ合わせに注意しながら進めます。

一般歯科

美味しく食事するためには、健康な歯が欠かせません。そのためには、口腔内の環境を良い状態で保つ事が大事です。
大人の虫歯の場合、早期発見・早期治療が大事です。
当院では、可能な限り健康な歯を保存し、なるべく抜かないような方針を採っています。そのためにも、早めに治療においで下さい。また歯医者さんでの治療も大事ですが、日常のお手入れと定期検診を受けて頂くことが、一番の虫歯予防になります。予防歯科という概念と正しいお手入れ方法や知識を持って頂くことが大事だと考えております。

虫歯治療

浅い虫歯の場合は、虫歯を除去し、プラスチックをその場で充填して治療は完了します。
深い虫歯の場合は、虫歯を除去した後、必要であれば神経を取り除きます。
治療は患者様に、治療内容を確認したうえで行いますので、ご安心下さい。

虫歯と歯並びの関係

毎日、ちゃんと歯磨きをしているのに虫歯になってしまった・・・
こんな経験はないでしょうか?
実は、歯並びは虫歯のなりやすさに大きく影響されます。
通常、虫歯は歯と歯との境目からできます。歯並びが悪いと歯ブラシが届かず、また、歯の間に食べ物が挟まりやすくなります。そのため、その部分から虫歯になりやすいのです。
歯並びを治す方法として「歯科矯正」があります。歯科矯正は歯並びが良くなることで、見た目がきれいになるだけでなく、虫歯や歯周病の予防にも大きな効果があります。

歯内療法

歯内療法とは、歯の根の治療、消毒のことです。
歯の根ある歯髄が虫歯(う蝕)や外傷で、細菌の感染を受けたような場合には、歯がひどく痛んだり、歯肉が腫れたりします。このような時に、もし、その歯を救い、さらに長い期間機能させたいと思うならば、歯髄の一部や全部を除去して歯を残すような治療をします。

小児歯科

「子供の歯は虫歯になっても永久歯に生え変わるから、ほうっておいても大丈夫!」なんて思っていませんか?
子供の歯が健康か、正しい治療されているかは、永久歯の歯並びだけでなく、成長期の身体の発育にまで影響してきます。子供の歯が痛みだしたり歯茎が腫れたりした際、治療経過が悪いのが現状です。
子供の歯は生え変わるものというのは間違いです。お子様の正常な成長発育のため、治療と同様に予防歯科も大切です。

虫歯の予防法

1. プラークコントロール
  歯ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)などを使用して噛み合わせの溝や歯と歯茎の境目や
  歯と歯の間に付着したプラークを除去することが最も重要な事です。
2. フッ素やキシリトールの使用
  フッ素は歯の表面を強くして歯を溶かす酸に対して抵抗力をつけます。
  また脱灰した歯の表層部分の再石灰化も促進させます。
  キシリトールはミュータンス菌の数を減少させて、歯を溶かす酸の生成を抑制する
  効果があります。
3. 食生活
  栄養のバランスのとれた規則正しい食生活を心がけることが大切です。
  砂糖を多く含む食品(おやつ類やジュース等)は摂取回数やタイミングに気をつける必要が
  あります。
4. 定期検診  虫歯は放置しておくと、治ることはなく徐々に進行していきます。
  早期発見のため、また予防処置のために年2~3回は検診されることをお勧めします。

治療を受ける前のポイント

歯の治療は大人でも嫌なものです。大人に我慢できることでも子供にとっては大変なことです。特に小さなお子様なら尚更のことです。
当院ではそれぞれのお子様の性格を考慮し、根気よく、慎重な治療を受けていただけるよう努力いたします。恐がることはなく、安心して治療を受けに来てください。

(1)受診は午前中がおすすめ
   小児歯科でも、幼児の場合は、昼過ぎや夕方になると疲れて機嫌が悪くなることが多いので、
   体調の良い午前中に受診することをおすすめしています。
(2)嘘はつかない
   なるべく嘘をついて連れてこないようにして下さい。かえって嫌がる原因になります。
   その分、治療の後は、たくさん褒めてあげて下さい。
(3)身軽な服装で
   幼児は歯科治療を嫌がって泣いたり暴れたりすることがあり、汗をかくこともあるので、
   治療中はTシャツなど身軽な服装でご来院下さい。
(4)リラックスさせましょう
   待合室では保護者の方が本を読んで聴かせたり、治療前にできるだけリラックスさせる
   ようにしてあげて下さい。