南鳩ヶ谷駅より徒歩4分
駐車場あり
ご予約・お問い合わせ
TEL:048-283-2111
お問い合わせはコチラから

南鳩ヶ谷で予防歯科・一般歯科・口腔外科の歯科(歯医者)をお探しなら、南鳩ヶ谷くらもち歯科医院。

診療案内

南鳩ヶ谷駅より徒歩4分 駐車場あり 医院概略 詳しくはコチラ
Mobile Site
HOME»  診療案内

歯周病予防にはスケーリングとPMTCを実施

定期検診でプラークや歯周ポケットの深さを検査

歯周病の予防としては、まずは来院していただいて歯石を取り、歯ブラシの使い方について指導をしております。
その後は患者様の状況にもよりますが、3か月~6か月でリコールはがきを送付いたしまして、スケーリング(歯石除去)に来ていただいています。そこでプラークの付き方や、歯周ポケットの深さをはかるなど歯周病のチェックを行います。場合によってはレントゲン写真を撮って確認することもあります。

「染め出し」してブラッシングの手法やコツを丁寧にアドバイス

定期検診の際、ブラッシングが苦手な方には磨き方の指導も行います。「染め出し」によってプラークの有無をわかりやすくし、うまく磨けていない部分をチェックしてご説明します。
ブラッシングは必ずその方法でやらなければいけない訳ではありません。その方に合ったブラッシングの手法やコツをアドバイスしています。今までのやり方を全部変えて「こうしてください」と言ってもなかなか難しい面がありますので、「あと少し、ここをこういうふうに改善すれば良いですよ」というようにご説明します。また、あわせて歯ブラシの持ち方や力の入れ方、その患者様に合った歯ブラシの種類、形状などについてもお話しします。

スケーリングとPMTCはセットで行います

スケーリングとセットでPMTC(歯のクリーニング)を行います。歯磨きだけでは落ちにくい汚れや歯垢・歯石を除去する歯科処置を定期的に行うことで、虫歯や歯周病予防に高い効果があるとされています。
また、腫れている部分やポケットが深いものは、歯茎を切ってポケットの深さを調整するなどの外科処置も行います。もっと深刻な状態の場合は、歯茎を開いてフラップ(歯垢・歯石除去手術)などを行うこともあります。外科処置を行った場合には、その後もチェックのために定期的に来院していただくことになります。

補綴(ほてつ)は患者様の要望に応えてご提案します

メリット・デメリットをきちんと伝えて、患者様に合った素材をご提案

補綴、つまりクラウンやブリッジ、入れ歯などの人工の歯で、見た目や噛み合わせを補う治療については、患者様ときっちりコミュニケーションをとって治療方針をご提案します。
例えば「銀歯を白い歯にしたい」という場合、「白い歯」といってもいろいろな素材があります。セラミックスやセラミックスとプラスチックが混合したハイブリッドの方が良い、セラミックスより固いジルコニアの方が良い、内側はどういう金属が良いなど、本当にさまざまです。
患者様によって噛み合わせや歯の形の違いがありますし、自費診療でも保険診療でも、それぞれで使える素材のメリット・デメリットもたくさんあります。まずは患者様のご希望やご予算をうかがい、個々の状況に合うものを性質や金額も含めてご説明して、最終的には患者様に選んでいただきます。
状況によってたくさんの選択肢が生まれる治療ですから、患者様とのコミュニケーションが重要と考えています。

歯周病治療もワンセット

ただ、型を取る時など、歯茎が正常ではないときれいに取れません。また、補綴がきれいにできても歯茎の状態が悪ければきれいに入りません。つまり、補綴がうまくいくかどうかは歯周病にかかっていないかなど、その歯の状態にも影響されます。そのような点では、補綴も歯周病治療と関連しており、どの治療も切り離して考えることはできないといえるでしょう。

インプラント治療について

インプラントは信頼できるメーカーのスウェーデン製、ドイツ製のみを使用

インプラントにも日本製、ドイツ製、スウェーデン製、中国製、韓国製などいろいろな種類がありますが、当院では信頼できるスウェーデン製とドイツ製のメーカーのものしか使用しておりません。
現在ではインプラントを製造しているメーカーもたくさんありますが、スウェーデンやドイツは開発が早く、長年の実績があるため安心です。
例えば10年後にそのインプラントが壊れてしまって修理のためのパーツが必要になった時に、そのメーカーが倒産しているとパーツを入手することができなくなってしまいます。その点、現在すでに20年、30年と続いているメーカーですと将来的な心配をする必要がありません。
10年、20年と続いていくメンテナンスのことを考えると、長く続いているメーカーほど信頼できるといえます。また、インプラントはメーカーによっても形状が違いますので、「ある症例にはこのメーカーのものが良い」などの判断で患者様の状態によってインプラントのメーカーを選びます。当然メーカーによって金額も変わってきますので、当院ではスウェーデン製2つ、ドイツ製1つの計3社から見積もりをとり、それぞれの費用とメリット・デメリットを患者様にご説明して、選んでいただきます。

当院だけでインプラント治療が完結

当院では、インプラント治療の際は提携の日本歯科大学大学病院からインプラントに関する学会の認定を受けた歯科医師に来ていただいております。
そのため難しい症例の場合でも、大学病院まで行かずに当院で治療を完結させることができます。なお、当院では親知らずの抜歯も大学病院から口腔外科の医師に来ていただくことができますので、大学病院へ紹介することはほとんどありません。
大学病院は必ずしもお住まいの近くにあるわけではなく、混雑して待ち時間も長くなることもありますので、当院にお越しいただければそのような手間を省くことができ、ご負担なく治療を受けていただくことができます。

インプラント治療への不安を少しでも取り除くために

一般的になってきたインプラント治療ですが、なかにはご不安を感じる患者様もいらっしゃいます。とくに骨を削ることによる痛みや腫れなどを心配されるあまり、なかなか治療に踏み切れない方もいらっしゃいます。
症例によっては歯を抜くよりも痛くないこともありますので、ご自身の状況と過去の症例などを照らし合わせつつ、できるだけご不安を取り除けるようわかりやすく説明するよう心がけております。

患者様に喜ばれる、自信のある入れ歯

まずは保険内の入れ歯から

入れ歯に関しては自信があります。銀歯1個ですと他院との差はわかりにくいと思いますが、入れ歯の場合は全体になるため違いがかなり出てまいります。
入れ歯にもたくさんの種類がありますが、当院はかなりの種類に対応しています。まずは保険の入れ歯を入れていただきますが、その入れ歯を使っていく中で不都合が出て保険の範囲では対応できなくなった場合には自費で作るという流れをとっております。
どんな方でも実物を見ればイメージしていただきやすくなるため、実際に保険の入れ歯を作ってから調整していくとスムーズにご理解いただけるというメリットがあります。
自費で作れる入れ歯は、フックの部分が白いものや歯茎が透過して見えるものなど、見た目が自然に見えるようなものがたくさんあります。また、装着時痛みを感じるという方にはプラスチックではなく柔らかいシリコンの入れ歯をご用意することもできます。まずは保険内でご自分の基本の入れ歯を把握していただき、徐々にご希望に沿って調整していくことで、快適な入れ歯ができると考えています。

入れ歯の製作は技工士の得意分野を把握して発注

入れ歯を作る時には歯科技工士にお願いしますが、人によって得意分野が違います。そのため、「このような入れ歯を作る時はこの方に」というように歯科技工士それぞれの得意不得意を把握してお願いしています。このような発注は、他の医院ではあまりないのではと思います。

小児歯科では、お子様が歯科医を怖がらない工夫を

リラックスして治療を受けていただくために

当院はお子様の来院も多いのですが、比較的リラックスして治療を受けていただいていると思います。虫歯治療での抜歯も当院に来られるお子様はほとんど泣くことはありません。
それは、できるだけ痛みを感じさせない治療をすることはもちろん、最初からいきなり治療をするのではなく、歯医者に来る練習をすることで「歯医者は平気なんだ」という気持ちになるところから始めていただくためです。
最初の1~2回は座るだけ、水をかけるだけにしておくなどして、少しずつ状況に慣れていっていただきます。慣れてしまえば、実はお子様の方が大人より歯科医が平気になってしまいます。
他にも、麻酔をする時は注射器に見えないペン型の注射器を使用するなど、見た目だけで怖い思いをしないようにも配慮しています。また、お子様に対するブラッシング指導も行っています。お母様が希望される場合は一緒に指導しますが、お子様に独立心を持っていただきたいですので、基本的にはお母様は一緒ではない方が良いと思っています。

シーラントやフッ素湿布も対応

その他、シーラント(歯の溝を埋める処置)やフッ素塗布などの予防処置、矯正については信頼できる医院をご紹介することもあります。
また、お子様の治療に限ったことではありませんが、滅菌にはかなり気をつけています。お子様の口に素手で触らないのはもちろん、当院では道具はすべて滅菌のパックの中に入れて保管し、スリッパも滅菌しています。患者様に安心して治療を受けていただく環境づくりを心がけております。